あはきカルテV21/よくある質問、及び注意事項

※「緯度経度算出」ボタンや「距離算出」ボタンで「この住所からは緯度経度は算出できません」とメッセージ表示される 
     住所にビル名や施設名が付加されているとエラーとなることがあります。算出時のみ、ビル名等を消して算出して
  ください。算出後、ビル名等を元に戻しておいてください


※バージョンアップ後、ショートカットボタンで起動したときパラメータエラーとなる 
     バージョンアップ後は、前のショートカットボタンはききませんので、ウィンドウズボタンのすべてのプログラムから起動
     してください(ショートカットは作成し直してください)


※保険者が変わったとき(オプション/担当者別施術実績処理を使用時) ・・・国保から後期高齢へ変更等 
 
 メニューの「新規カルテ作成(F1)」で、新規カルテ基本データ画面表示-->「基本データコピー」ボタン-->コピー画面で
     既存の同一患者選択-->同患者名で新規基本カルテができます-->「保険申請(F5)」ボタン-->入力条件で
     新たな保険者選択-->新保険申請データ画面で必要なデータを入力してください。
    (既存保険者であれば「保険者マスタより設定」ボタンで保険者情報を選択設定できます。

     また、同意医師情報も「同意医師マスタより設定」ボタンで選択してください。

  担当者別施術実績入力での留意点
     変更となる生年月日前日までは、患者選択で旧保険の患者名を選択、生年月日からは新保険の患者名を選択
     してください。
  
  また、旧保険申請画面の転帰を「当月で別保険者へ切替」に設定して下さい



※保険者が変わったとき(オプション未使用時)  ・・・国保から後期高齢へ変更等
 
 メニューの「カルテ参照(F2)」より、該当患者のカルテ基本データ画面表示-->「保険申請(F5)」ボタン-->入力条件で
     新たな保険者選択-->新保険申請データ画面で必要なデータを入力してください。
    (既存保険者であれば「保険者マスタより設定」ボタンで保険者情報を選択設定できます。
     同意医師情報も「同意医師マスタより設定」ボタンで選択してください。

  また、旧保険申請画面の転帰を「当月で別保険者へ切替」に設定して下さい。


※レセプト印刷で「施術者登録番号」を「免許番号」にしたいとき  
 
 システム基本設定画面の詳細設定ボタンで表示される詳細設定画面で「レセに免許番号を印刷する」を
  「する」に設定してください。
  次に、戻ったシステム基本設定画面の左下の免許番号に入力してください(新規保険申請データは同項目より
  自動設定されます)
  尚、既存の保険申請データについては、全患者の最新月・保険申請データ画面の免許登録番号を設定入力してください

※レセプトの施術者欄に治療院名も印刷したいとき  
 
 システム基本設定画面の詳細設定ボタンで表示される詳細設定画面で「レセ印刷時に治療院名も印刷する」を
  「する」に選択設定してください。


システム基本設定の口座、または代理人が変更になり、既存保険申請データにも反映したいとき  
 
 システム基本設定画面の詳細設定ボタンで表示される詳細設定画面で「既存保険申請の口座・代理人を常に再設定する」を
  「する」に選択設定してください。該当保険申請データの画面を表示した時、システム基本設定の口座・代理人1番目データ
  で常にデータが変更されます。

※レセプトの申請欄にも郵便番号、電話番号を印刷したいとき  
 
 システム基本設定画面の詳細設定ボタンで表示される詳細設定画面で「レセ申請欄の郵便番号・電話番号印刷」を
  「する」に選択設定してください。

※保険負担金領収書印刷で請求書も印刷したいとき  
 
 システム基本設定画面の詳細設定ボタンで表示される詳細設定画面で「保険負担金領収書用紙設定」を
  請求書も印刷するように、選択設定してください。

※距離計算や緯度経度算出(担当者別施術実績管理/オプション)でインターネットに接続するときに
    「インターネットに接続できません」のメッセージ、またはエラーで止まってしまう場合  
 
 
 セキュリティソフトの設定で「あはきカルテV21」のネット接続を許可してください。

  また、OSによっては次のケースで解決できる場合もあります
                コントロールパネル --> プログラム をクリック -->  Windowsの機能の有効化または無効化 をクリック -->
       Microsoft.Net Framework 3.5.1 にチェックオン(元は塗りつぶされている時があります) -->
       OKボタン --> パソコン再起動       


運用パソコンのデータをバックアップデータで戻したい時
       (ご注意下さい!!! データがバックアップ時データに変更されます)
     メニューのデータリストアボタンで行えます(V2.1.112以降)
     
V2.1.111以前のバージョンの場合は、バックアップフォルダーの中の5つのファイルを
     Cドライブの「あはきカルテV21DB」フォルダー内に上書きコピーして下さい。

パソコンの故障等で新しいパソコンで運用したい場合
  データのバックアップがとってあれば、簡単に移行できます。
  メールにてご連絡ください、手順をお知らせいたします。

    (注:カルテ管理版<ST版>のパソコン移行については、移行費用がかかります)

※ レセプト印刷で、右上枠:本人/家族/高齢区分の「高外8」を「高外7」、給付割合の「8,9,10」を
     「7,8,9」で印刷したいとき(平成23年4月19対応)

  
システム基本--->詳細設定で「レセプト印刷、給付割合表示を7,8,9とする」を「する」に設定してください
保険申請登録画面で往療料金が日付により異なるとき(連続訪問等で単価×回数で計算できないとき)
  オプション「担当者別施術実績管理」を使うことで、往療料内訳データ自動作成できます(マニュアルをご覧ください)

  
オプションを使用しないときは、保険申請登録画面で「往療料内訳処理」ボタンを押してください、次に「往療料金内訳画面」
  で日付ごとの
距離区分、備考(先患家名等記入:任意)を設定して「終了」ボタンを押してください。
  次に「往療料金内訳金額を保険申請に設定してよろしいでしすか」のメッセージが表示されますので「はい」
  を選択すれば、保険申請の往療金額に金額が設定され往療料金直接入力有無が「直接入力する」となります

  これにより往療料金は単価×回数で自動計算を行いません。
  往療料金内訳書印刷については、申請書印刷時に保険請求印刷条件画面で往療料内訳印刷選択を設定する
  ことにより印刷することができます。
(V2.1.42で対応)

保険申請書印刷時、要加療期間を空欄で印刷したい
 
  保険請求印刷条件画面で、要加療期間を「印刷しない」に設定して下さい。

保険申請登録画面で往療/通院チェックを簡単に入力する方法  
  F1キーで該当日チェックに移動します、その後上下矢印キーで往療/通院を選べばOKです。


インストール時等で「データベースエラー」のメッセージがでるとき  
  メニューの左下のメンテナンスをクリックして「データベースエラー時の対応」を参照してください。





戻る